ミャンマーの高品質な翡翠について

ミャンマーは鉱山開発が盛んで、中でも翡翠鉱山は大きく世界一の市場も開かれています。

英語ではジェイドと呼ばれていますが、これはジェダイドと呼ばれる硬玉と、ネフライトと呼ばれる軟玉の両方をまとめた呼び名です。

日本では三種の神器の一つ、八尺瓊勾玉に使われているほか、古くから装飾品に用いられてきました。

現在国内の翡翠鉱山は国の天然記念物に指定されて採掘は一切禁止されています。

世界の様々な民族が、昔から魔法の石として翡翠を崇めてきました。

あらゆる成功と?栄を象徴するとして、神秘的な力があるとされ、神と結びつくと考えられていました。

玉(ぎょく)とも呼ばれ、王のための椅子を玉座と呼ぶのも、この石から来たといわれているほどです。

こちらのサイトをご覧になってください。