秋田郷土料理といえばきりたんぽ

秋田名物といえばしょっつる鍋やいぶりがっこに稲庭うどんとありますが、やっぱり代表はきりたんぽです。

きりたんぽとは炊いたご飯を杉の串に握り付け、囲炉裏の炭火で焼いたもの。昔マタギが狩りの途中に冷えたご飯を木の枝などに巻き付けて炭火で焼いて体を温める為に地鶏やごぼう、キノコ等を入れた鍋に入れて食べた事が始まりです。

そんなきりたんぽ他秋田の名産がオンラインショップおみやげ広場あ・えーるにて販売されています。伝統の名産品の他新商品や工芸品、雑貨もあります。秋田在住の作家さんが作るオリジナルのストラップやアクセサリーもお手頃価格にて売られています。いつでも気軽に、名産名品が手に入れられることでとても人気のショップになっています。